競馬においてベストな馬体重は何キロ?

データ収集のポイントを抑えれば競馬予想がしやすくなる

競馬の予想では、馬体重が大きな鍵になります。人間でも体重が増えて体が重いと、素早く動くことができません。反対に体重が減るとスタミナがなくなり、すぐに息切れをしてしまいます。競走馬にも人間と同じことが言えるので、予想では馬体重が大きな鍵になるのです。 そのため、競馬を楽しむ人の中には、馬体重が発表されてから馬券を買うようにしている人もいます。その結果、体重の増減があまりにも急激だったりその幅が広かったりする馬の馬券は買わないようにする人もいます。

さて、これだけ予想において馬体重が重要なファクターになっていると、どれぐらいの数値がベストなのか気になるものです。ベストな数値から外れていると、それだけで馬券の点数を減らすことができます。一般的に成績が良いのは、500kg前後です。データを分析してみると、500kg前後を頂点として成績が良くなっています。馬体重の数字だけで馬券を買うなら、500kgぐらいの馬を狙うのが良いでしょう。しかし、それだけで馬券を当てることはできません。

たとえば、人間でも男性と女性では、体格に大きな差があり平均体重も違います。競走馬も牡馬は大柄で牝馬は小柄なので、ベストな数値は違ってくるのです。実際にデータを細かく分析してみると、牝馬では500kgを切る数値が最も良い成績を残しています。さらに競馬場で走る馬場も、馬体重によって大きく違います。芝コースなら420kg以下でも馬券に絡むことはありますが、ダートコースの場合はほとんどゼロです。基本的にダートコースは芝コースよりスタミナやパワーが要求されるので、大柄の競走馬が有利となっているのです。ですから、競馬予想の参考になる数値を探すときは、レースの条件に合わせてベストを見極めなければいけません。

簡単にベストな馬体重を見極めるためには、その馬の過去の成績を見るのが一番です。 1着や2着など成績が良いときの数値が、最もベストな状態と言えるからです。ですから、馬券を購入する競走馬の体重が気になるなら、まずは過去の成績と数値を調べましょう。同じような数値に近づいているなら、ベストな体つきになっていると言えます。ただし、競走馬も人間と同じように成長して体が大きくなりますから、かなり昔の過去の成績はアテにできません。 特に3歳馬は夏を境に成長するので、一気に増える傾向があります。一番良いのは、競馬場や競馬中継でパドックを見て、太くないか細くないか確認することです。