馬の脚質が競馬のカギを握る

データ収集のポイントを抑えれば競馬予想がしやすくなる

競馬の馬券を検討する際、「脚質」は大きな意味を持つ要素のひとつとなります。大きく分けて競走馬の脚質は4つに分けられます。一つ目は「逃げ馬」です。このタイプは自分が先頭に立ってレースをすることによって気分よく走ります。逆に他の馬に前に出られるとその馬のペースに合わせて走らなければならず、気分を害して早々と走る気をなくしたりもします。二つ目は「先行馬」です。先行馬は比較的前でレースをして持ち味を発揮する馬で、逃げている馬をかわして直線で早めに先頭に立って押し切る形が勝ちパターンになります。三つ目は「差し馬」です。差し馬は中断から後ろでレースを進める馬で、レースの際は道中には無駄な力を使わないように折り合いに専念してレースを進め、3コーナー過ぎから最後の直線の入り口辺りから仕掛けてゴール前で先方にいる馬を差し切って勝つというのが理想的なパターンと言えます。四つ目は、「追い込み馬」です。追い込み馬はレースをほぼ最後方で進め、最終的に前にいる全馬をまとめて差し切るタイプの馬を指します。

現代の競馬においては、一般的に先行する馬の方が有利だと言われています。芝のレースの場合、芝の生育状態も年々良くなっていますので、昔のように数日開催すれば芝が荒れてしまってダートに近い状態になることがあまりないからです。綺麗な芝で高タイムの出やすい馬場でのレース開催が多くなりますと、インコースぴったりをコースロスなくまわってくる先行馬が高タイムを出す確率も高くなります。

また、その脚質をジョッキーがどう上手く活かすのかも重要です。騎乗技術の優れているジョッキーが人気の先行馬に乗った時は、レース中の位置取りが非常にうまいです。逃げ馬をぴったりマークし、どこで逃げ馬をかわそうか虎視眈々と狙いながらレース運びをしています。そして逃げた馬の脚色が鈍ったタイミングを見計らって一気に抜け出し、後方からの差し馬の末脚に屈しないことも計算してレースを運びます。

馬の脚質を理解してレース展開ができる騎手が騎乗する馬から馬券を買っていると非常に安心で、多くのファンがそういったタイプの馬を軸に馬券を買うようになるのです。従って競馬の出馬表を見る際、まずは各馬の脚質に注目することがベターです。人気を背負っている馬でも追い込み馬の場合、レース展開がスローですと追い込みが届かないケースも十分に考えられます。そういったレースでは大きな配当の馬券も期待できますので、思い切って人気のない先行馬に注目して馬券を買うことも面白いです。